マッサージで出張の疲れが癒された

 朝から飛行機を使って2時間の移動。仕事に接待と受けた私は心身疲れ切っていました。知らない土地ということもあり、マッサージに行きたくてもどこが良いのか全くわかりません。これから探してマッサージに行ったとしても、せっかく癒されたのに帰り道を歩くのは億劫。そこで、ネットで訪問施術が可能な施術師さんを探し泊まっているホテルにきてもらおうと思いました。見つけたお店に電話をし、「女性であるため男性の施術師の方はできれば遠慮したい」と伝えると快諾していただきました。マッサージ店にはよく行くのですが、訪問は初めてだったのでとても緊張しました。

ドキドキ、初めての出張マッサージ

 1時間後、年配の女性がきてくださいました。「ホテルだから楽な服装は持ってきていないかと思って」とTシャツとスウェットを持ってきてくださり、嬉しかったです。1日中動いたため足のむくみが気になることや、飛行機で背中が痛くなったことを伝えると「私にまかさなさい」と頼もしい返答をしてくださいました。さらには緊張している私を気を遣って、ホテル周辺のおすすめの店や土産など地域ならではの会話をしてくださったおかげで、楽しめましたし、緊張も解れました。

 まず、ベッドにうつ伏せになり、マッサージ開始。まずは身体の中心から外側に向かってじっくりとほぐしていただきました。少しほぐしてもらうだけで身体が温まっていくのを感じました。やはりふくらはぎがむくんでいたようで、細かいツボを的確に押されるのが大変気持ちよかったです。さらには背中や腰まで程よい力加減でほぐしていただきました。全体的にほぐした後、自分が気になっていたところ、凝りが酷いところを重点的に解していただきました。施術前の気さくさとは変わって、施術中は最低限の会話だったこともあり、思わずウトウトするほど気持ち良さに浸れ、身体の部位や凝りがほぐれるごとに力加減を気にかけてくださいました。

 また、自分でも気づいていない身体の不調にも気づいてくださいました。「今日、もしかして油っぽいもの食べました?胃腸が疲れているみたいよ」と突然言われた時には『本当に身体のことをみているのだな』と感心しました。確かに天ぷらや唐揚げ、ステーキなどといった油物が続いていたのでした。「消化を促しておきます。明日からのためにもリセットしておかないとね」と身体を整えてくださいました。1時間半で身体がすごく温まり、スッキリしむくみや痛みまでもが楽になりました。

 さらには施術後には水をたくさん飲んでから寝るように教えていただき、それを実践したところ、次の日の身体の楽さが段違いでした。値段が12000円と割高でしたが、予想以上に満足できたのと、丁寧なサービスのおかげでその価値は十分に感じられました。

今では・・・

 今でも定期的に出張で泊まる機会があるため、それ以降もその方にお願いしています。その時々によって疲れている場所が変わっているようで、毎回的確に疲れを癒していただいてます。定期的に会っていることもあり、最近はお土産を渡したり、プライベートな話をするまでにもなりました。

 慣れない土地でも自分の身体をほぐしてくれる人がいると思うと、より一層仕事が頑張れる気がします。仕事やその土地での料理も良いのですが、施術師さんにしっかりと日々の疲れを取ってもらうことが最近の出張の楽しみになっています。

関連記事

  1. 初アルバイトで腰痛

  2. 不妊治療中、鍼灸をはじめて元気な子供が産めた!

  3. 慢性化した腰痛で訪問鍼灸

  4. 産後のギックリ腰で訪問治療を依頼した話

  5. 出産後、こんなに身体がボロボロになるとは。。。

  6. 万年頭痛に悩まされていた私が頭痛薬を手放せた

アーカイブ

カテゴリー

  1. マッサージに免許や資格って必要なの??

  2. あなたの哲学、語ってください

  3. 足が悪いおじいちゃんの鍼灸体験

  4. 生まれて初めてのあん摩マッサージ

  5. 肉離れの痛みが短時間で緩和された件