疼痛取り去る灸頭鍼、進出狙う産業界
企業や患者様のご自宅への出張・訪問施術を中心に活動なさっています
手指消毒・マスク・フェイスガード・グローブと感染症対策にも万全を期しての施術
主に施術で使用する鍼とお灸を同時にできる"暖かくて、イタ気持ちいい刺激"の灸頭鍼
「『鍼は痛い、お灸は熱い』ではなく『暖かくて、イタ気持ちよかった』と思ってもらいたい」という川井先生のアツい想いがある
鍼灸施術のあとは丁寧に全身をあん摩・指圧
これもあん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師と3つの免許を持つからこそ
東京都鍼灸師会理事としても活動する川井先生
もっと多くの人が安心して鍼灸・マッサージを受けることができる社会創りを目指しています

<出張専門>川井治療院 川井 大輔

TOKYO 鍼灸 buzz 産業鍼灸創る野望 
ライムと共に灯す希望  フロウと共に癒す人

“彼はTOKYO生まれHIPHOP育ち 
狙いうつ経穴 緩めほぐす筋肉
五感、駆使し問診
そして患者安心
患者癒すその手に灸頭鍼
先細る業界を懸念する業団 
免許持つ人たちを支援する集団
鳥のかごのような 同じ穴の狢 
こじ開ける一手は産業界”

葛飾・墨田・足立・江東区など東京東エリアを中心に訪問・出張専門で活動している
川井治療院の川井大輔院長。

冒頭の段落はHIPHOPをご自身で作詞作曲もする川井先生から
インスピレーションを受け、「川井先生を表現するにはHIP-HOPしかない」
と思った筆者が考えた拙いライム(韻を踏む歌詞)である。

あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師免許を持ち、
日々診療に励みながらも東京都鍼灸師会ヘルスケア鍼灸担当理事として業団の一翼を担う。
見据える将来は、より多くの人が鍼灸・指圧・マッサージを受ける事ができる社会。
鍼灸・政治・産業の掛け算で、目指す社会の礎を築こうとしている。

氏名川井 大輔
治療院名川井治療院
住所・最寄り駅訪問・出張専門の為、なし
保有免許(国家資格)はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
営業時間9:00~19:00
日曜定休
出張・訪問対応エリア葛飾区・足立区・墨田区・江東区
(上記以外のエリアはお問合せ下さい)
料金<健康保険利用の場合>
厚生労働省規定の療養費に基づく

<自費施術の場合>
1回:¥5,000(税込)
施術の特徴と治療理念問診を細かく実施し、
患者さんの体調に合った鍼・灸・手技療法を提供する。

『鍼は痛い、お灸は熱い』
といったイメージではなく、
『鍼灸は暖かくてイタ気持ちよかった』
と良い印象を持って頂くために
<灸頭鍼>
(鍼の上にお灸を据え、鍼刺激と温熱刺激を同時に与える方法)
を使用する事が多い。

鍼灸を好きになってもらいたいので
できるだけ効果的で気持ちのいい施術を心がけている。
経歴鍼灸師の父の背中を見て育ち、父を追い、
自分も鍼灸師になる事に疑いはなかった。

高校卒業後、19歳で父と同じ東洋鍼灸専門学校
鍼灸あん摩マッサージ指圧科 夜間部へ入学。
日中は父の治療院での手伝い、夜は学校と多忙な3年間を通し、
在学中から”医療としての鍼灸の大切さ”を教え込まれてきた。

卒後、父の治療院での仕事をしばらく続けたのちに
整形外科クリニックへ入職。
医師の先生からの推挙もあり、
クリニック附属という形で独立開業。

免許を取得した同年に
医師からの推挙を以って独立開業というケースは
川井先生の優秀さの証ではなかろうか。

その後十余年間、スタッフを数名雇用する程まで
プレーイングマネージャーとして治療院を成長させるも
都合により院を閉める事となったが、
現在のような訪問・出張専門鍼灸マッサージ治療院として
事業を継続させている。

一方、東京都鍼灸師会ヘルスケア鍼灸担当理事として
“企業の中で、福利厚生の一部として受けられる鍼灸マッサージ”
の普及活動を行い、
産業界と鍼灸マッサージのコラボレーションを通じて
日本全体へ鍼灸マッサージの更なる浸透や
さらに多くの国民が鍼灸マッサージを受療できる社会創りに尽力している。

好きな音楽はHIP -HOP。
自身で鍼灸ラップを作曲もしている。
お問合せ先電話番号:090ー9831-8617
メールアドレス:fat-d@mvj.biglobe.ne.jp

※営業目的や勧誘等のお電話はお控え下さい。
施術師からのコメント”鍼灸は痛いもの、熱いもの、怖いもの”という
ネガティブなイメージから

”鍼灸は暖かくて、イタ気持ちよくて、キクもの”
というポジティブなイメージを持ってもらいたいです。

日本人がもっと気軽に鍼灸マッサージを受けることができるように
なると良いと思っています。
編集部より鍼灸×産業×政治をコンセプトに様々な活動をなさっている川井先生。

『鍼灸マッサージをより多くの人に届けたい』
『鍼灸マッサージ師がより活躍する社会にしたい』
という想いは当編集部も同じだと思い、
ずっとお会いしたい先生のうちのお一人でした。

出張施術に同行させて頂いた際もインタビューでも
感じた先生の熱い想いは台座灸の100倍は熱かったです。

治療知識・技術だけでなく業界についてのお考えも
大変勉強になる所が多く、
これからも色々な見識をお伺いできればと思うと共に
情報交換・意見交換をしていきたいと感じました。

今度は先生の灸頭鍼を受けてみたいです!
お忙しい中お時間頂戴しまして誠にありがとうございました!



関連記事

  1. <高円寺>あい治療院 神田 浩至

  2. <神楽坂>あじさい鍼灸マッサージ治療院 甲野 功

  3. 美容鍼灸kyunroom 代表 飯田恭子

  4. <千葉>明マッサージ治療院 細川明治

  5. <出張専門>鍼灸中川 中川 大介

  6. クゴリハ鍼灸院 代表 久合田浩幸